2021年 5月 18日 (火)

「元少年A」手記は「匿名」でいいのか 小倉智昭「実名出版するぐらいの責任はあってしかるべき」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   出版の是非が問われている、神戸連続児童殺傷事件を起こした「元少年A」(32)の手記「絶歌」(太田出版)について、キャスターの小倉智昭氏が、

「実名で書けばいいじゃないですか」

と出演番組で問題提起した。

   手記をめぐっては遺族が出版中止を訴える中、実名出版をするべきだったのか、新たな議論を呼びそうだ。

  • 手記は「元少年A」の名前で出版された
    手記は「元少年A」の名前で出版された
  • 手記は「元少年A」の名前で出版された

紀藤弁護士「もう匿名は許されないのではないか?」

   小倉氏は2015年6月12日に出演した「とくダネ!」(フジテレビ系)で、元少年Aについて、

「いま30歳過ぎている訳でしょ?自分の責任で本を書くのであれば、実名で書けばいいじゃないですか。そのぐらいの責任はあってしかるべきじゃないですか」

と指摘した。

   同様の指摘は弁護士の紀藤正樹氏もしている。「もう匿名は許されないのではないか?」と題した6月11日のブログで、

「自ら本を出す以上、少年時代の犯罪という点で、将来の更生のために与えられてきた『少年A』という『匿名』特権も許されることはないでしょう」

と書いた。元少年Aの実名は、読者である国民にとって「知る権利」の対象になりうるとして、「それが『表現の自由』の『自己責任』の帰結」と述べた。さらに、

「自ら匿名で『更生』の機会を得る権利を放棄したのも同様というほかありません」

と主張した。

   こうした意見はツイッターなどネット上にも広がっていて、

「少年法では保護されてない年齢なんだから、今更匿名で何言ってんだ」
「『どのようなご批判も甘んじて受ける覚悟です』というのが本心なら元少年Aではなく実名で書くべきだったのでは」
「ノンフィクションというなら少年Aではなく実名で出してこいと思う」

といった書き込みがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中