2019年 8月 20日 (火)

バンジージャンプできなかったアイドルを叩きまくる 14歳にこれほど「プロ意識」を求めるなんて...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   バンジージャンプができなかったアイドルグループ「HKT48」の矢吹奈子さん(14)に対し「プロ意識がない」「もう帰れよクソガキ!」などと激しい批判が向けられている。

   テレビ番組内の罰ゲームだったが、直前に泣き出してしまい飛ぶことができなかった。バンジージャンプは大人でも飛べない人がいるほど恐怖心にかられる。まして14歳、無理もないとも思えるのだが。

  • バンジー飛べないアイドルはプロ意識のないアイドルなのか・・・
    バンジー飛べないアイドルはプロ意識のないアイドルなのか・・・

「ママに、生きて帰って来てね、と言われた」と怯える

   矢吹さんが出演したのは「AKB48」グループメンバーが出演する日本テレビ系バラエティー「AKBINGO!」。2015年6月10日と17日、「AKB48」メンバーと「HKT48」メンバーによる野外での勝ち抜きゲーム大会が放送された。最下位になると、罰ゲームとして下に川が流れる高低差42メートルのバンジージャンプをしなくてはいけない。かなり過酷のようにも思えるが、出演していた今売出し中の若手メンバーにとっては、自分をアピールできる美味しい状況になる。10日の放送では矢吹さんと同じ年で「HKT48」メンバーの田中美久さんがバンジーをやり、

「寿命が1年延びた。もう1回飛びたい」

とはしゃいでいた。しかし矢吹さんはゲームが始まる前から「ヤバイ、ヤバイ」などと呟きながら仲間たちと離れて歩き、「ママに、生きて帰って来てね、と言われた」などと怯えていた。ゲームに負けてジャンプ台に立った時には顔面蒼白の放心状態。それが10分ほど続き、とうとう泣き出し飛ぶことはできずにギブアップした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中