2018年 10月 16日 (火)

早稲田大、サイバー攻撃に半年気付かず... 職員の個人情報流出

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   早稲田大は2015年6月22日、14年12月のサイバー攻撃で事務用パソコンがウイルスに感染し、学生や教職員など3300人分の個人情報が流出していたと発表した。

   大学職員が送付された医療費通知を装うメールを開き、事務用パソコンがウイルスに感染。学生や教職員などの氏名や学籍番号が流出したという。攻撃対象にウイルス入りのメールを送る「標的型サイバー攻撃」を受けたとみられるという。

   6月5日に外部機関からの指摘で発覚。長期間気付かなかった理由は「未知のウイルスだったため」としている。総長をトップにした対策本部を設置し、再発防止に努めている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...