早稲田大、サイバー攻撃に半年気付かず... 職員の個人情報流出

印刷

   早稲田大は2015年6月22日、14年12月のサイバー攻撃で事務用パソコンがウイルスに感染し、学生や教職員など3300人分の個人情報が流出していたと発表した。

   大学職員が送付された医療費通知を装うメールを開き、事務用パソコンがウイルスに感染。学生や教職員などの氏名や学籍番号が流出したという。攻撃対象にウイルス入りのメールを送る「標的型サイバー攻撃」を受けたとみられるという。

   6月5日に外部機関からの指摘で発覚。長期間気付かなかった理由は「未知のウイルスだったため」としている。総長をトップにした対策本部を設置し、再発防止に努めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中