さらに拡大した西之島 海保は測量船派遣

印刷

   海上保安庁は2015年6月22日、活発な噴火活動が続く小笠原諸島・西之島(東京)に向けて測量船を派遣した。現地で初の海底調査を実施する。

   また海保は6月18日、上空から西之島を撮影した最新の映像を公開した。島の面積は東京ドーム約58個分にあたる約2.70平方キロとなり、先月の計測よりもさらに拡大したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中