2019年 11月 21日 (木)

元少年A、手記の次は小説を出す? 出版社は「存じていない」と言うが...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   神戸連続児童殺傷事件の手記出版で論議を巻き起こしている男性(32)が、「次は小説を書くことも考えている」と明かしたと週刊誌が報じた。過去に短編小説を書いたことはあるようだが、小説も出版するつもりなのだろうか。

   男性が出した手記「絶歌」(太田出版刊)は、ネット上では、表現意欲に理解を示す声もあるものの、内容などを疑問視する声の方がかなり多い。被害者側が出版中止などを求めたことで、販売を見合わせる書店なども相次いでいる。

  • 次は小説の出版を目指す??
    次は小説の出版を目指す??

打ち合わせで「小説を書くことも考えている」

   そんな中で、男性が小説の出版にも意欲を見せているという報道が出た。

   男性は2012年冬、幻冬舎の見城徹社長に自分の本を出したいと手紙を書き、翌13年初めに幻冬舎で本の打ち合わせをしていた。週刊ポストの2015年6月22日発売号によると、その打ち合わせの中で、男性は、「1冊目はノンフィクションがいいが、次は小説を書くことも考えている」という内容の発言をしたというのだ。

   幻冬舎はその後、贖罪意識が十分でないなどの理由から手記出版を取り止め、代わりに付き合いのある太田出版を男性に紹介している。

   ポストの記事によると、男性は以前、関東医療少年院に入所して3年を少し過ぎたころ、少年院で授業をした童話作家に「僕は作家になりたい」と言っていたという。この童話作家は、「小説を書いたらどうか」と勧めていたといい、男性は、童話作家に自作の短編小説も渡していた。記事には、その一部が掲載されている。

   男性が小説出版も提案していたことは、ネット上でも話題になった。

   「表現する事で欲求を解消出来るならいい」といった声もあるが、手記出版が物議を醸しただけに、その話題性をさらに利用することになると疑問や批判が多い。「遺族の感情を逆撫でするような本を書き、まだ小説とか考えているなんて言語道断」「世の中なめすぎ」といった書き込みが見られるのだ。

   男性が小説の出版も考えているというのは、どこまで本当なのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中