2018年 9月 25日 (火)

「元少年A」、遺族に手紙付きで「絶歌」送るも受け取りを拒否されていた

印刷

   神戸連続児童殺傷事件を起こした「元少年A」が、手記「絶歌」の出版にあわせ遺族へ手紙と手記を送り、受け取りを拒まれていたことが、2015年6月23日に発表された遺族のコメントで明らかとなった。

   毎日新聞などによると、コメントを発表したのは、事件で犠牲となった彩花ちゃん(当時10歳)の母、山下京子さん(59)。弁護士を通じて届けられた手紙には、遺族の了承を得ず無断で手記を出版したことに対する謝罪の文言が書かれていたという。

   山下さんは、「B5用紙にほんの10行ほどが印字されており、まるで本の送付書のようでした」と手紙の内容を説明。「これまで来ていた手紙とは内容も性質も大きく異なるため、受け取る気持ちになどとてもなれませんでした」と、手記と手紙の受け取りを拒否したことを明かしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中