オバマ大統領、人質事件で家族の身代金支払い容認

印刷

   米国のオバマ大統領は2015年6月24日(米東部時間)、過激派組織「イスラム国」(IS)による人質事件を受け、人質事件で家族が身代金を支払うことを容認する方針を発表した。家族による身代金のための資金調達について米政府が「罪に問う」と警告していたことが明らかになり、批判の声があがっていたことを受け、方針を転換した。

   米政府として過激派組織と交渉する可能性もあるが、身代金の支払いや人質の交換に応じない方針は維持する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中