2018年 7月 20日 (金)

オバマ大統領、人質事件で家族の身代金支払い容認

印刷

   米国のオバマ大統領は2015年6月24日(米東部時間)、過激派組織「イスラム国」(IS)による人質事件を受け、人質事件で家族が身代金を支払うことを容認する方針を発表した。家族による身代金のための資金調達について米政府が「罪に問う」と警告していたことが明らかになり、批判の声があがっていたことを受け、方針を転換した。

   米政府として過激派組織と交渉する可能性もあるが、身代金の支払いや人質の交換に応じない方針は維持する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中