2019年 6月 18日 (火)

「韓国で日本ブーム」本当なのか 専門家は「それはそれ、これはこれ精神」指摘

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   歴史認識などをめぐる日韓の溝は深い一方、韓国国内では日本生まれのマンガや文芸本などが絶大な人気を誇っているという。

   専門家は「ここ10年くらい、韓国国民の間で日本のコンテンツは常に人気だ」「日韓の間に政治的対立はあるが、韓国国民は『それはそれ、これはこれ』という態度で臨んでいる」と分析する。

  • 韓国人は意外と「冷静」…?(画像はイメージ)
    韓国人は意外と「冷静」…?(画像はイメージ)

村上春樹作品や「ONE PIECE」が人気

   韓国メディア「イーデイリー」が2015年6月25日にネット配信した記事「『日本を正しく知ろう』...講演・出版物がブーム」によると、日韓国交正常化50周年を迎え、韓国では日本関連の講演会や書籍のブームが起きているという。

   記事によると、「日本の中の朝鮮をゆく」(岩波書店)などの著作で知られるユ・ホンジュン明知大教授が14年にソウル市内で講演した際、大勢の聴衆が集まった。ユ教授はその場で「韓国人と日本人は成長期を一緒に過ごした双子の兄弟」などと解説した。

   また、日本の書籍も好調に売れているようだ。岸見一郎さんと古賀史健さんの『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』、東野圭吾さんの小説『仮面山荘殺人事件』などが15年上半期ベストセラーになっているほか、ここ数年間で見ると村上春樹さんや吉本ばななさん、宮部みゆきさんらの作品もランクインしている。コミックでも「ONE PIECE」や「NARUTO--ナルトー」が人気を博しているそうだ。

   こうした流行の背景に、韓国人の「彼を知り、己を知れば百戦危うからず」という心理があると説明している。「彼を知り~」は兵法の『孫子』の言葉として知られる。

   「日本好きの韓国人」という話題は、過去にも上っている。「嘘つき社会」などと自国を否定し、ことさらに日本好きを強調するネットユーザーが13年ごろ、韓国の掲示板サイトに現れた。ネット上で「イルポン」と呼ばれる彼らは、10代の若者だという見方もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中