2018年 10月 19日 (金)

新幹線内で焼身自殺? 男女2人死亡 「死ぬかとおもった」乗客がツイッターで緊迫する現場実況

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2015年6月30日11時30分ごろ、神奈川県小田原市を走っていた東海道新幹線「のぞみ225号」から煙があがり、緊急停止した。NHKによると、男性1人が死亡、女性1人が心肺停止となり、ほかにも負傷者がいるもようだ。

   「目の前で火災」「死ぬかとおもった」など、新幹線に乗り合わせた乗客らからは緊迫した現場のツイートが行われている。

  • 東海道新幹線(画像は本文と関係ありません)
    東海道新幹線(画像は本文と関係ありません)

「車内は焦げ臭くて、電気も来てない」

   各紙の報道などをまとめると、火元は先頭車両とみられ、白い煙が立ち上ったという。死亡した男性乗客が頭から灯油をかぶって火をつけたという報道があるが、詳しいことは分かっていない。心肺停止の女性は煙を吸ったらしい。

   ツイッターには偶然乗り合わせた乗客らと思われる人たちから、現場の状況が伝えられている。

「のぞみ255号なんだけど、車内アナウンスで『1号車火災です!』とか言ってんだけど・・・」
「車内は焦げ臭くて、電気も来てない。今、警察や消防のサイレンが聞こえ始めた。復旧までもうしばらく時間がかかりそう」
「まじで死ぬかとおもった。新幹線乗ってたら、目の前で火災」

   そのほか、スーツが燃えた、医者を探すアナウンスがあった、停電したなど、現場の緊迫した状況が伝わっている。

   13時20分現在、東海道新幹線は上下線とも運転を見合わせている。

   (2015年6月30日 14時20分追記)NHKなどの報道によると、心肺停止の女性も、その後死亡が確認された。

   (2015年6月30日 14時50分追記)JR東海によると、東海道新幹線は14時9分に運転を再開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...