2019年 4月 19日 (金)

大塚家具 6月の売上高49%増 2か月連続プラス

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   インテリア・家具チェーンの大塚家具は、2015年6月の店舗売上高が前年同月に比べて49.6%増だったと、7月1日に発表した。前年実績を上回るのは2か月連続。増税前の13年6月と比べても24.4%増えた。

   14年が消費増税の反動減で苦戦していたのに加えて、15年4~5月に実施した、いわゆる「お詫び」セールで6月末までの配送を割引の対象としたため、売上高が膨らんだ。

   内訳は関東45.9%増、東海55.0%増、関西52.6%増、その他64.3%増。月末店舗数は16か店で、前年よりも1店舗増えている。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中