中国人が「日本の医薬品」爆買い 小林製薬の「神薬」売り上げ5倍超

印刷

   春節や桜のお花見シーズンに、家電製品などを「爆買い」していた中国人の関心はいま、日本の家庭薬にも拡大したようだ。

   なかでも、中国のインターネットメディアが2014年秋に「日本に行ったら買わねばならない医薬品」と紹介した「神薬」が注目され、日本を訪れた中国人観光客らがドラッグストアで「爆買い」している。

  • 日本の「神薬」が売れている! (画像はイメージ)
    日本の「神薬」が売れている! (画像はイメージ)

中国国内で口コミで広がっている・・・

   いま、日本で売れている家庭薬は2014年秋に「日本観光、この12種類の『神薬』は買うべし! 中国人の心をつかんだ日本の優れもの」の見出しで、中国のインターネットメディアが紹介したもの。レコードチャイナ(2014年9月5日付)などが取り上げていた。

   「神薬」とされるクスリは、参天製薬の目薬「サンテ ボーティエ」や、エスエス製薬の「イブクイック頭痛薬」や女性のシミやそばかす対策の「ハイチオールC」、久光製薬の湿布薬「サロンパス」。さらに、皇漢堂製薬の便秘薬「ビューラック」や口内炎に直接貼って治す大正製薬の「口内炎パッチ」、のどの不調をやわらげる龍角散の「龍角散ダイレクト」がそれ。

   小林製薬からは、肩こりや筋肉痛をやわらげる「アンメルツ」や、傷口に塗ると皮膜でバイ菌の侵入を防ぐ、液体絆創膏の「サカムケア」、急な発熱時などに額に貼る「熱さまシート」、二の腕などのブツブツを治せるクリームタイプの塗り薬「ニノキュア」に、更年期障害や生理不順に効果が見込める「命の母」の5製品をピックアップしている。

   紹介されているクスリは、どれも日本ではドラッグストアで、ふつうに販売されている、お馴染みの家庭用常備薬ばかりだ。

   そうした中で、小林製薬は「神薬」として紹介された製品の一部が、中国人観光客らの「爆買い」などで、2015年4~6月期の売り上げが前年同期と比べて5倍超に膨らんだことを明らかにした。液体絆創膏の「サカムケア」の売り上げが5.43倍に増えたほか、「ニノキュア」は52%増、「熱さまシート」は37%増となった。

   小林製薬は、「売り上げは14年ごろから伸びています。ただ、購入するクスリは決まっているようです。すでに中国国内で、口コミで広がっているようで、お目当てのクスリをまとめ買いしていくようです」と話す。

   たとえば、「サカムケア」は「キッチン用洗剤などの品質がよくないようで、手荒れなどに使っているようです」とみていて、売り上げの7割が中国人観光客らのインバウンド需要という。

   また、中国人ならでは事情もあり、「子どもには品質が安心できるものを、と『熱さまシート』は子供用がよく売れていたり、パッケージに金色や赤色が使われている製品に目が行くようで、たとえば歯槽膿漏を予防するハミガキ『生葉EX』は1500円ほどするのですが、これが大人気で売れています」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中