2019年 3月 27日 (水)

練馬、板橋で首切られたネコの死骸 続発する残虐行為に「次は...」と不安高まる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京都練馬・板橋両区でここ3か月ほど、ネコやハトの死骸が相次いで見つかり、住民らに不安が広がっている。首が切られるなどしており、警視庁では、関連を調べている。

   「首が切られた子ネコの死骸がある」。板橋区内のアパートに住む女性から2015年7月2日夕、こんな110番通報があり、志村署員がこのアパートに駆けつけると、駐輪場に首のない子ネコが横たわっていた。

  • 子ネコも被害に(写真と記事とは関係ありません)
    子ネコも被害に(写真と記事とは関係ありません)

子ネコは前脚も切断されていた

   子ネコは、前脚も切断されていた。周辺に血の跡がないことから、別の場所で首などを切断され、胴体部分が捨てられた可能性がある。死後、それほど時間が経っていないとみられるという。

   このアパート駐輪場では、6月23日夕にも首を切られたネコの死骸が見つかっていた。志村署では、同一犯の可能性もあるとみて、動物愛護法違反などの疑いで捜査している。

   練馬・板橋両区の西武池袋線、東武東上線周辺のエリアでは、4月にもネコなどの死骸が相次いで見つかっている。

   4月9日には、練馬区立旭丘小の校舎裏の倉庫前で首を切られたネコの頭部と胴体を学校職員が見つけた。また、15日には、練馬区内の住宅地の道路でネコが死んでいるのを飼い主が見つけた。報道によると、ネコが激しく威嚇する声を上げた後、「ギャッ」という悲鳴を聞いて、飼い主が駆けつけたという。強く蹴られたらしく、死因は内臓破裂だった。

   25日には、練馬区立開進第3小の校門付近で教員がネコの死骸を見つけた。さらに、27日には、旭丘小から5キロほど離れた板橋区内の団地内の駐車場で首のないハトが見つかった。ハトの胴体には、粘着テープが巻かれていたという。

   以上をまとめると、ここ3か月ほどで、練馬・板橋両区で計6件もの不審な動物の死骸が見つかったことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中