2018年 8月 16日 (木)

鈴木おさむが「育休」で放送作家を1年間休業

印刷

   放送作家の鈴木おさむさん(43)が1年間の育休に入ると2015年7月6日付けのブログで報告した。妻の大島美幸さん(35)が15年6月22日に第一子となる長男を主産したため、子供の世話をするとともに、大島さんの仕事復帰のアシストをしたいとしている。

   鈴木さんはブログに、

「この機会にテレビの放送作家業を約一年お休みさせていただくことにしました」

と書いた。ただし、家での脚本などの執筆や、ライブの手伝いは続けるという。放送作家を休むことで一週間のうち4、5日程度の時間ができるため、これを育児と、妻の仕事復帰のために使う。また、「育休」という言葉は使いたくないため、父親になるための勉強という意味の「父勉(ちちべん)」と呼びたいとしている。家族でテレビを見る時間が増えれば放送作家業にも生きてくると思う、とし、

「この1年で、父親としても、そして、休んでいるからこそ、放送作家としても成長しなきゃいけないと思ってます」

と書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中