2020年 11月 26日 (木)

「WiMAX2+」速度制限にユーザー大反発 ネットの「集団訴訟」呼びかけに賛同者続々

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

総務省にも相談が相次いでいた

   「WiMAX2+」との契約に不満を持ったユーザーは岡田氏たちだけではない。総務省には速度制限がはじまった15年4月ごろから、複数のユーザーから相談が寄せられていた。

   消費者行政課によると、通信事業者には契約時にサービス内容を説明する義務がある。同社も確かに契約書面には速度制限を行う旨の記述があったが、広告では表示が小さいなど「誤解を招きかねない表現があった」という。そのため同社からヒアリングを行い、是正を要求したという。

   実際にUQコミュニケーションズは広告などで注意書きの文字を大きくするなど「より分かりやすくなるように、制限の内容を目にとまりやすい個所に記載することとしました」(同社広報)という。出版物などでの広告では反映が間に合っていない場合はあるが、同社サイトではすでに対応をしているという。ただ、集団訴訟の動きに関しては把握しているものの「現時点で申し上げる事項はございません」と回答している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中