2020年 2月 24日 (月)

任天堂がスマホを開発中? 「完成画像」がネット上に「流出」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

新型ゲーム機「NX」のOSはアンドロイドになる?

   ニンテンドーDSシリーズは発売から4年3か月で累計販売台数が世界で1億台を突破し、現在は1億5000万台を超えている。電話機能を持たせていれれば、世界の通信やゲームの勢力図が大きく変わった可能性はある。そして日本のゲームの主流はスマホに傾いていて、これまで任天堂やソニーに供給してきたゲームメーカはスマホ用ゲームに力をシフトするようになってきた。実際、任天堂も従来の姿勢を大きく転換させる動きを示している。

   任天堂とスマホゲーム大手のDeNAは2015年3月17日に業務・資本提携を発表した。両社の開発力とスマホゲーム運営ノウハウを組み合わせて一気にグローバルな展開を打ち出すことを目的としたものだ。任天堂のゲームが任天堂以外の会社が開発したスマホやタブレットで遊べるというのは驚きだが、果たして任天堂がそこまで柔軟になれるのか、首を傾げる業界人は多くいた。故岩田社長は、

「スマホゲームに進出しても、ゲーム専用機ビジネスへの情熱や展望を失ったわけではない」

などと語っていたが、日経新聞が15年6月1日に新型ゲーム機「NX」のOSはアンドロイドになる、と報じたことによって局面は一変する。つまり、「NX」はスマホになる可能性が出てきた、ということだからだ。任天堂は日経新聞の記事について「そのような事実はない」と否定したが、DeNAとの業務・資本提携の流れの中で、一つの選択肢だと想像してもおかしくはない。

   任天堂広報に「Smart Boy」の写真流出騒ぎについて問い合わせてみたが、

「ネット上の個別の話題についてはお答えしてはおりません」

という答えで、真相ははっきりしなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中