2021年 10月 25日 (月)

反日運動のマイク・ホンダ議員がピンチ 議会が「寄付の見返り」調査、議席失う可能性も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   いわゆる従軍慰安婦問題などをめぐり日本に批判的な活動を続けている米国のマイク・ホンダ下院議員が、窮地に立たされることになりそうだ。ホンダ氏は2014年秋の選挙でかろうじて7期目の当選を果たしたが、その選挙活動の際、寄付を受ける見返りに支持者を国務省のイベントに招待するという便宜を図っていた疑いが浮上した。

   すでに米議会の倫理委員会は疑惑について審査を行うことを発表。最悪の場合、議席を失う可能性すらある。

  • ホンダ議員(写真左)は「女性に対する暴力を終わらせる」と主張している(写真はホンダ議員のウェブサイトから)
    ホンダ議員(写真左)は「女性に対する暴力を終わらせる」と主張している(写真はホンダ議員のウェブサイトから)
  • ホンダ議員(写真左)は「女性に対する暴力を終わらせる」と主張している(写真はホンダ議員のウェブサイトから)

「すでにホンダ議員を支持している南アジア人のリストはないのか」

   発端は、ニュースサイト「サンノゼ・インサイド」が14年9月に報じた陣営内のメールのやり取りだ。メールは、国務省のイベントに誰を招待するかを検討する内容で、「過去、候補者に対して巨額の寄付をした南アジア人の技術者や投資家のリスト」が添付されている。ただ、このリストに載っている人はホンダ氏に寄付したことはない。

   このメールに対する返信では、どうすればリストに載っている人に寄付してもらえるか検討を求めており、

「すでにホンダ議員を支持している南アジア人のリストはないのか」

ともある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中