森喜朗氏、下村文科相の途中退席に「極めて非礼」「不愉快な気持ちになった」

印刷

   東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は2015年7月21日の関連会合で、下村博文文部科学相が途中退席したことに「呼びかけた下村文科相がただちに退出するというのは極めて非礼だ」と不快感をあらわにした。

   下村氏は新国立競技場に関する閣僚会議に出席するため途中退席。その際、森氏には何度も頭を下げた。

   会合の終盤、森氏は「私は極めて不愉快な気持ちになった。みなさんもそうだと思うので僕から言っておきます」と怒りが収まらない様子だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中