時事通信、不適切質問で社員を出勤停止処分

印刷

   時事通信社の男性社員(47)が菅義偉官房長官の記者会見で沖縄県について「ある意味見限ってもいい」「そんな連中ほっといてもいい」などと質問した問題で、同社は2015年7月27日、質問した社員を出勤停止1日、所属長だった佐藤亮経済部長を減俸とする処分を決め、発表した。渡辺祐司取締役編集局長は報酬の一部を返上する。

   男性社員は問題の質問が出た7月13日時点では経済部に所属していたが、翌14日付で総務局に異動していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中