トヨタ、4年ぶり世界首位陥落... VWが奪首 15年上半期の販売台数

印刷

   トヨタ自動車は、2015年上半期(1~6月)の世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車含む)が前年同期と比べて1.5%減の502万2000台だったと、7月28日に発表。独フォルクスワーゲン(VW)の504万台を2万台差で下回り、東日本大震災の影響で販売が急減した2011年以来、4年ぶりに上半期で首位を明け渡した。

   VWは、トヨタと米ゼネラル・モーターズを抑えて、上半期としては初の世界首位に立った。

   トヨタは、米国や中国、インドでの販売が好調で、海外販売は1.2%増の約389万台と、上半期では最高を更新。しかし、国内販売は9.7%減の約112万台と、2年ぶりに前年同期を下回った。2014年の消費税率の引き上げ以降、国内販売が苦戦。加えて、15年4月の軽自動車増税の影響でダイハツの国内販売が苦戦したことも響いた。

   一方、VWは主力の中国市場で販売台数が前年を下回ったものの、高水準を維持。欧州や北米も好調で、14年上期と同様に500万台を超えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中