2018年 10月 16日 (火)

景気、全地域で「回復」 18年ぶり

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   財務省は、全国11地域の景気の総括判断を「緩やかに回復している」として消費税増税前の2014年1月の報告以来、1年半ぶりに上方修正した。2015年7月29日に全国財務局長会議を開き、7月中旬までの直近3か月間の景気を点検した経済情勢報告をまとめた。地域別では、北海道、関東、北陸、中国、四国、九州、福岡の7地域で景気判断を引き上げ、約18年ぶりにすべての財務局が景気は「回復」との判断を示した。

   項目別では、消費は「外国人観光客による売り上げが増えた」(北海道、沖縄など6地域)、「付加価値のある高価格品も売れている」(関東、北陸など5地域)との判断があったが、一方で「中価格帯の商品が弱く無駄なものは買わない傾向がある」(東北、東海、近畿)などの声もあった。雇用は、全地域で高い水準の有効求人倍率が続いた。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...