2018年 8月 14日 (火)

東京都武蔵村山市の「BSL-4」稼働に合意

印刷

   危険性の高い病原体を扱える研究施設「BSL-4(バイオセーフティーレベル・フォー)」を稼働させることが2015年8月3日に決まった。塩崎恭久厚生労働相と東京都武蔵村山市の藤野勝市長が合意した。

   稼働が決まったのは国立感染症研究所・村山庁舎のBSL-4施設で、約35年前に完成していたが住民の反対から稼働できなかった。藤野市長が安全対策を徹底させることなどを塩崎厚労相に約束させた。「BSL-4」は世界の19か国・地域に41施設ある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中