2018年 7月 21日 (土)

「ズンズン運動」で男児死亡、元NPO理事長に有罪判決 大阪地裁

印刷

   大阪地裁は2015年8月4日、「ズンズン運動」などと称したマッサージのような施術で生後4か月の男児を死亡させたとして業務上過失致死の罪に問われた元NPO法人理事長の姫川尚美被告(57)に、禁固1年執行猶予3年(求刑禁固1年)の判決を言い渡した。

   判決によると、姫川被告は14年6月、大阪市淀川区のNPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」事務所で、男児の首をもむなどの施術を行い、低酸素脳症による多臓器不全で6日後に死亡させた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中