2018年 11月 16日 (金)

マクドナルド、7月の売上高12.6%減 18か月連続の前年割れ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本マクドナルドホールディングス(HD)の2015年7月の売上高(既存店ベース)が、前年同月と比べて12.6%減となり、18か月連続の前年割れとなった。8月7日に発表した。減少幅は6月まで7か月も20%以上が続いたが、やや改善した。客数は9.3%減、客単価は3.6%減少した。

   7月にはレギュラーメニューにたっぷり野菜を加えた新商品を発売したが、売り上げの反転にはつながらなかった。中国での使用期限切れの鶏肉問題が発生して1年が経つが、15年1月の異物混入問題もあって、客足は遠のいたまま。テコ入れも効かず、販売不振の深刻さが改めて浮き彫りとなった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中