2018年 8月 19日 (日)

大島優子、川本真琴ら芸能人軒並み標的 ネットの「見た目が劣化認定」やりたい放題

印刷

   シンガー・ソングライターの川本真琴さん(41)がネットユーザーや一部ネットメディアによる「以前に比べて見た目が劣化した」との指摘に反論した。

   実は、こうした「劣化認定」は川本さんに限らず多くの芸能人に行われており、ネット上ではさほど珍しくない。さらに、年齢にかかわらず、髪型やファッションを変えただけで標的となる可能性もある。

  • 髪型と髪色を変える前の大島さん(写真は2011年8月撮影)
    髪型と髪色を変える前の大島さん(写真は2011年8月撮影)

「『劣化』ではありません『老化』です」

   川本さんは2015年8月11日、前触れなく、

「別に疲れてる顔でもいいや。劣化とかパニックうんぬんうれしそうに書かれても、、 きっとそういうこと書く人が劣化してるしパニクってるやろ。実際私は等身大以上を表現するつもりもない」

とツイートした。内容の詳細は明かしていないが、文脈から、ネットユーザーや一部ネットメディアによる「(川本さんの)ルックスが以前に比べて劣化した」という指摘への反論と考えられる。なお、「パニックうんぬん」の部分は、自身が過去にパニック症を患っていたという15年3月のツイートを、マスコミが報じたことと関係しているようだ。

   川本さんへの「劣化認定」は14年7月、13年ぶりに地上波のテレビ番組へ出演した際、一気に吹き上がった。番組は1990年代に一世を風靡した音楽雑誌を特集し、川本さんは出演者の1人として登場。13年ぶりの出演という話題性もあり、放送前から注目されていた。

   しかし、いざ放送されるとネット上では内容よりも「頬がこけた」「シワが増えた」など、川本さんの見た目に関する感想が相次いだ。

   さらに、一部ネットメディアやまとめサイトがそうした感想を「ルックスが激変」「劣化しまくり」といった見出しで伝え、いつしか「劣化した」という認識が広まったようだ。

   川本さんがネットの「劣化認定」に反応するのは初めてで、なぜ今反論に踏み切ったのかは不明だ。これ以降は「劣化認定」に言及していない。

   また川本さん同様、若い頃のイメージが強いせいか、ネット上で「劣化認定」されていた俳優・河相我聞さん(40)も14年11月のツイートで、

「『劣化』ではありません『老化』です」

と反論している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中