2018年 8月 18日 (土)

【J-CAST9周年ワンクリック投票企画】
日本の将来を問う...第5弾「東アジアとの向き合い方」

印刷

   J-CASTニュースは2015年7月26日にオープン9周年を迎えました。そこで、「日本の将来」を読者の皆さんとともに考えるアンケート企画を実施中です。用意したのは10テーマ50問(順次配信)。ぜひ本文以下のアンケートにご参加ください。


東アジア諸国との「正しい向き合い方」は?

   東アジアの近隣諸国との間には課題が山積している。野田佳彦内閣(当時)が2012年に尖閣諸島を「国有化」したことで一気に冷え込み、「政冷経熱」が続いてきた日中関係は、ここ1年ほどで「雪解け」が進んでいるとも言われる。この傾向は、さらに進むだろうか。韓国は、従軍慰安婦問題を理由に朴槿恵(パク・クネ)大統領が首脳会談に応じていない。元慰安婦の女性が高齢化するなか、残された時間は長くはない。北朝鮮は拉致問題の再調査結果の回答期限を守らず、全容解明はめどが立たない。こういった状況に、どういった姿勢で臨めば良いだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中