中国・天津の爆発事故で「デマ流した」とウェブサイト多数閉鎖

印刷

   中国・天津で起きた爆発事故に関連して、中国当局がインターネット上の情報に神経質になっているようだ。時事通信は2015年8月15日、中国国家インターネット情報弁公室の発表として、事故に関するデマをネットに流したとして18のウェブサイトを永久閉鎖、32のサイトを1か月の閉鎖処分にしたと報じた。

   AFP通信は16日、一時的なものも含めて多数のサイトが閉鎖されたことについて、爆発現場の近隣住民や死傷者の家族らが当局に対して「報道規制だ」と強く反発していると伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中