2019年 2月 18日 (月)

増える外国人旅行者、高まる「民泊」ニーズ  日本でも「Airbnb」が急成長

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   和食や風呂、ふとんなど、日本らしいアットホームなおもてなしが受けられると、外国人旅行者の「民泊」人気が高まっている。

   2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、民泊は東京周辺の宿泊施設の不足や空き家・空き部屋の解消、地方創生の一翼を担うことが期待されてもいる。いいことばかりのような「民泊」だが、旅館業者らがこれに「注文」をつけた。

  • 外国人旅行者の急増でホテルや旅館はいっぱい。「民泊」に期待したいが…(写真はイメージ)
    外国人旅行者の急増でホテルや旅館はいっぱい。「民泊」に期待したいが…(写真はイメージ)

今夏のピーク時、世界で一晩に100万人が利用

   「民泊」は、自宅やマンションに空き部屋がある人が、そのスペースを旅行者に有料で、宿泊施設として提供するというサービス。その代表的な企業が「Airbnb」(エアビーアンドビー)だ。

   同社は2007年に米サンフランシスコで創業されたベンチャー企業。起業から約7年間で、現在190か国・34000都市以上、4500万人のユーザーを集めるほどの急成長を遂げている。

   日本では、少子高齢化に伴う人口減少や核家族化といった社会の変化で、空き家やマンションなどの空き部屋が増える傾向にある。そのため、空き家や空き部屋を有効活用したいというニーズが高まっている。

   一方、円安などの影響で、日本を訪れる外国人旅行者が急増。そこで数日から数週間、部屋を借りたい旅行者と貸したい空き部屋のオーナー(ホスト)を、インターネットで効率的にマッチングする、Airbnbのようなマッチングサイトが普及しつつあるというわけだ。

   Airbnbは「地元の家で暮らすように旅をしよう」がコンセプト。「民泊」のメリットを、「たとえば旅行者が商店街に行って買い出しをしたり、ホストから地元でオススメの店を紹介してもらったりと、地元の人のように暮らすような旅を体験できます」と話す。ホテルや旅館に泊まるよりも安価なこともある。

   ホストは世界中の人々との出会い、繋がることができるうえ、空き部屋の有効活用で、短期間でも収入を得られるメリットがある。

   Airbnbは、ホスト側から宿泊料の3%を、また旅行者側からは6~12%の手数料収入が得られる。

   利用状況について、Airbnbは「グローバルでは、この夏のピーク時には一晩で100万人が Airbnbを利用したと推測しています」と話す。日本でも、ホスト数が急速に伸びており、「現在、国内でのホスト数は1万3000件を超えて、2014年と比べて3倍以上の伸び率を示しています。注目すべきは日本へのインバウンドの数で、外国人旅行者の利用は前年比4倍以上に成長しています」と、著しい。

   利用者の宿泊数は、平均で4.6泊。最近は、日本人が日本の家庭などに宿泊するケースも増えているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中