2019年 12月 10日 (火)

逮捕の決め手は街中にある「防犯カメラ」 駐車場、コンビニ、ガソリンスタンドなどに容疑者が

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大阪府高槻市の駐車場で中学1年の平田奈津美さんの遺体が見つかった事件で、容疑者逮捕の決め手になったのは、街中に設置された防犯カメラの存在だった。

   遺体が発見された駐車場や粘着テープが購入されたコンビニの防犯カメラの映像などが、容疑者の特定、逮捕につながった。

  • 街のいたるところに設置された防犯カメラが逮捕の決め手に(画像はイメージ)
    街のいたるところに設置された防犯カメラが逮捕の決め手に(画像はイメージ)

車のナンバーが明らかになり、容疑者が浮かび上がった

   平田さんの遺体が見つかり事件が発覚した当初から、防犯カメラが捜査の手がかりになっていたようだ。

   大阪府警は駐車場に設置された防犯カメラの映像を解析し、遺体が遺棄されたとみられる2015年8月13日深夜に出入りしていた不審な車の車種を特定したようだ。近くの国道170号線を通った可能性があるとみて、周辺のコンビニなどの防犯カメラも分析していた。

   そうした中、現場の近くにある枚方市のガソリンスタンドで、この車が給油する映像がとらえられた。ナンバーなどが明らかになり、捜査線上に山田浩二容疑者が浮かび上がった。

   平田さんと星野凌斗さんの姿が最後に確認されたのは、京阪寝屋川市駅前の商店街の防犯カメラだ。ちょうど2人が歩いていた13日朝5時過ぎには、別のカメラに山田容疑者の車が付近を行ったり来たりしている様子が映っていた。

   また13日12時39分、柏原市内のコンビニでは、粘着テープ2本を購入する山田容疑者が映っていた。こうした防犯カメラの映像の積み重ねなどから、大阪府警は8月21日、死体遺棄容疑で山田容疑者を逮捕した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中