世界陸上、日本「メダル1、入賞2」目標を大きく下回る

印刷

   中国の北京で行われていた陸上の世界選手権は2015年8月30日、全日程を終了した。日本は目標にしていたメダル2、入賞6に届かず、メダル1、入賞2だった。

   メダルは男子50キロ競歩の谷井孝行選手の銅、入賞は同・荒井広宙選手と女子マラソンの伊藤舞選手だけ。男子200メートルのサニブラウン・ハキーム選手(16)など若手を多く起用したが、自己記録を更新したのは女子5000メートルの鈴木亜由子選手だけだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中