「飲酒や喫煙も18歳以上に」 自民・特命委が提言案

印刷

   民法の成人年齢を引き下げて18歳以上にし、飲酒や喫煙もできるようにする――。自民党の特命委員会は2015年9月2日までに、こんな提言案をまとめた。

   選挙権を持つ年齢を引き下げたのを受けたもので、この案では、少年法による保護も同様にするとした。報道によると、特命委では協議したうえで案を正式に決め、今国会中に政府に提出する方針を示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中