2021年 3月 8日 (月)

「LINE世代」はトークも文を書くのも下手 さんま、スタンプや短いメッセージの弊害を警告 

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「これからのLINE世代が、どんどんトーク下手になっていく」――数々のトークバラエティー番組で活躍する明石家さんまさんが、無料通話アプリ「LINE」を日常的に使う世代へこう警告し、話題を集めている。

   自分の意思を他人へ伝えるとき、LINEスタンプ1個、1行のメッセージでお手軽に済ませてしまう。さんまさんは、そんな「LINE世代」の様子を目の当たりにして「(自分の地位は)あと20年安泰やわ」と皮肉交じりに話す。

  • 「LINE世代」はどんどんトーク下手に?(画像はイメージ)
    「LINE世代」はどんどんトーク下手に?(画像はイメージ)
  • 「LINE世代」はどんどんトーク下手に?(画像はイメージ)

「俺、あと20年安泰やわ」と笑いを取る

   さんまさんの発言が飛び出したのは2015年9月5日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)でのこと。

   LINEを利用し始め、最近「うる星やつら」や「タッチ」「ドラゴンボール」「ワンピース」といった人気アニメのスタンプまで愛用していると明かした。

   しかし、使う中で見えてきたのは

「これからのLINE世代が、どんどんトーク下手になっていくやろう」

という展望だ。並外れたトーク力と存在感で時に「お笑い怪獣」と称されるさんまさんも、

「電話でウソついたり、逃げるとか隠すとか、ウソがバレるとか、そういうの経てきてんねんな。それでトーク上手くなってきてると思うねん」

とかつての経験が役に立っていると話す。その一方で「その力はね、LINEで崩される」と見る。

   同時に、

「文を書くのも下手になる。LINEって長文を書こうとしない」

とも指摘。以前はトレーニングとして凝った長いメールを書いていたものの、LINEを使い始めてめっきり長文を書かなくなったのだという。

   LINEの無い時代、意思を伝えるために編み出したさまざまな工夫がスタンプや短いメッセージに置き換わり、使う人のトーク力や文章力を低下させた、とみるのだ。具体的な事例は示していないが、さんまさんはLINEでのコミュニケーションを体験しながらそう感じたのかもしれない。

   その後、

「お笑いのプロを目指す人はね、今すぐLINEをやめた方がええかな」

と後輩へアドバイスしながらも、

「俺、あと20年安泰やわ」

と皮肉って笑いを取り、「お笑い怪獣」の片鱗を見せつけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中