2019年 8月 23日 (金)

みずがめ座は死亡事故が多い、はホント? 愛知県警「星座別死亡事故調査」が話題

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   死亡事故が最も多いのは「みずがめ座」で、少ないのは「いて座」――。愛知県警がサイト上で発表している、こんな「星座から見た交通死亡事故の特徴」が話題を集めている。

   「これは笑った」「当たっている」と注目される一方、「オカルト」「非科学的だ」と批判もない訳ではない。取りまとめの背景には、県内で起きた交通事故の死亡者数が12年連続の全国ワーストという不名誉な状況がある。

  • 愛知県警が発表した「星座から見た交通死亡事故の特徴」
    愛知県警が発表した「星座から見た交通死亡事故の特徴」

さそり座は深夜のハンドル誤操作に注意

   愛知県警は2005年から14年に発生した交通事故で亡くなった2911人を対象に、12星座ごとに場所や時間帯、時期などの発生状況で分類。その特徴を取りまとめたものを、2015年9月2日から県警の公式サイトで紹介している。

   まとめによると、亡くなった人が最も多かったのはみずがめ座だった。歩行者、自転車、高齢者の死亡事故がいずれも12星座で最多。特に歩行者は1、8、9、11、12月に事故が多発しているのだという。

   一方、最も死亡事故が少なかったのはいて座だ。しかし「午前中に事故が多いのが気がかり。考え事はしないで運転に集中しましょう」と注意も促されている。

   そのほか、

「てんびん座は四輪ドライバーの女性の第一当事者が最多」
「さそり座は深夜0時から3時にハンドル操作を誤っての単独事故が多発」
「かに座はシートベルト非着用者による事故が最多」

などの特徴が紹介された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中