2019年 3月 25日 (月)

ソウル五輪金・鈴木大地さんがスポーツ庁初代長官に 知名度、選手経験などが決め手

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   政府は2015年9月11日の閣議で、文部科学省の外局として発足したスポーツ庁の初代長官に、ソウル五輪競泳男子金メダリストで順天堂大スポーツ健康科学部教授の鈴木大地氏を起用する人事を決定した。各紙が報じた。任期は2年で再任が可能。

   下村博文文科相は閣議後の会見で、鈴木氏の知名度や選手としての経験、スポーツ科学に対する知見などを決め手に挙げた。鈴木氏は13年から日本水泳連盟会長も務めている。

   同庁は複数の省庁にまたがっていたスポーツ行政を一本化し、2020年東京五輪・パラリンピックの選手育成、国民の健康増進政策などを担う

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中