2019年 1月 16日 (水)

狭い日本の道路をカッコよく走る 「小型」SUVが若者も中高年も引き付ける

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   いわゆる「SUV」、日本語では「多目的スポーツ車」の「小型版」の人気が国内で高まっている。2014年まで売れ筋だった軽自動車が、2015年は増税の影響もあって前年割れが続く中、自動車業界にとって数少ない新車販売の"希望の星"になっている。「小型SUV」人気の波に乗り遅れていたトヨタ自動車も、来年には本格参入する見通しで、市場拡大が加速しそうだ。

   一口にSUVと言っても、定義はなかなか難しい。ワゴン車やミニバンでなく、一般的なタクシーのようなセダンタイプでもなく、やや座席が高くてスポーティで後部にトランクではない荷台がある―というところだろうか。一昔前の三菱自動車の「パジェロ」が一つの典型といえる。ただ、パジェロが舗装されていない山道なども走る「オフロード型」のワイルドなものだったのに対し、最近流行している小型SUVは、いわば都市型で、小回りが効くのが特徴だ。ガンガン走りそうな外観を持ちながら、燃費性能も良い―という点も支持されている。

  • 各社の本格参入が相次ぐ小型SUV。写真はホンダのホームページから
    各社の本格参入が相次ぐ小型SUV。写真はホンダのホームページから

安くても寂しい感じがないクルマ

   さらに、「小型ではない」SUVなら300万円するのは当たり前なのに対し、「小型SUV」は200万円台前半、ものによっては100万円台で新車が買える。これが、特に若年層に人気を呼んでいるだけでなく、「高い自動車に買い換える余裕はないが小型SUVなら価格が安くても寂しい感じがない」という中高年にも受け入れられている。

   近年の「小型SUV」というジャンルを生み出したのは、日産自動車の「ジューク」だと言われる。ジュークは2010年6月にまず日本で発売され、丸5年超が経過して人気が定着した。日本でクルマに乗るなら、オフロードを運転することは日常的にはあまりない。しかし、隅々まで舗装されながら、外国に比べてかなり道は狭い。ジュークはこうしたニーズ、つまり日本の狭い道路でカッコ良く走るというニーズを掘り起こすことに成功した。また、資本提携先の仏ルノーとの関係から、日産が比較的強い欧州も、小回りの良さが求められる道路事情は日本に近く、ジュークは人気を呼んでいるという。

   ホンダの小型車「フィット」をベースにした小型SUV「ヴェゼル」も、日本国内で不動の人気を誇る存在になっている。日本では2013年12月の発売。ヴェゼルの販売のうち、4分の3がハイブリッド車(HV)とされ、環境性能にこだわりを持つドライバーも引き寄せた。国内SUV市場でヴェゼルは2014年(暦年)で販売台数トップとなり、2015年上半期(1~6月)もトップを維持したとの調査もある。ホンダ車としては近年まれに見るヒット商品となったことは間違いない。ヴェゼルは英語でカットした宝石の小さな面を表す「Bezel」と、車を意味する「Vehicle」を掛け合わせた造語。名前通りに多面的な魅力を持つ車として成長しつつある。

トヨタはじめ各社が続々と本格参入する

   こうした中、マツダは2015年2月、同社として初の小型SUV「CX-3」を発売。日本の乗用車としてはなじみの薄いディーゼルエンジンを搭載したのが特徴で、ディーゼル特有の力強さをアピール。1リットル当たりの走行距離が25キロと燃費がいいことも消費者の支持を受けつつある。

   米調査会社IHSオートモーティブによると、SUVの国内販売は右肩上がりで、2014年には2000年以降で初めて50万台を突破した。こうした状況を受けてトヨタも2016年中に「C-HR」と呼ぶ新型の小型SUVを発売する方針だ。

   軽自動車メーカーも、スズキが2014年「軽SUV」として「ハスラー」を発売し、人気を博した。これに対抗してダイハツ工業が新型の軽SUVを近く発売する方針。また、海外メーカーも小型SUVに注目しており、フィアット・クライスラー・オートモービルズは「ジープ」ブランドで初の小型SUV「ジープ・レネゲード」を9月5日に国内で発売するなど、小型SUVをめぐる商戦は過熱気味だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中