2018年 7月 22日 (日)

鬼怒川堤防決壊で避難指示遅れを認めて謝罪 茨城県の常総市長

印刷

   鬼怒川の堤防が決壊したことについて、茨城県常総市の高杉徹市長は2015年9月13日に会見し、地元住民への避難指示が遅れたことを認めて謝罪した。

   常総市の上三坂地区では、10日正午過ぎに決壊した堤防から水があふれ、多数の住民が取り残されて屋根上などから救助を求める事態になった。このことについて、高杉市長は、「決壊するとは思っていなかった。大変申し訳なかった」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中