2018年 7月 18日 (水)

「煙凄かった」「急に黒煙がモコモコっと」 阿蘇山が噴火、警戒レベル3に引き上げ

印刷

   2015年9月14日9時43分ごろ、熊本県の阿蘇山が噴火した。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、火口から2キロの範囲では噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけている。

   中岳第一火口からの噴煙の高さは約2000メートルまで上がった。

  • 噴火時の阿蘇山の様子(気象庁サイトから)
    噴火時の阿蘇山の様子(気象庁サイトから)

今後も噴石が飛散するおそれ

   中岳第一火口では9月10、11日にも噴火が起きたばかりだった。14日の噴火は、これまでのものより規模が大きかったため、噴火速報が出された。

   気象庁によると、噴火にともない、火口から飛散する大きな噴石が確認された。今後も同規模の噴火が発生し、火口から1キロ以上に噴石が飛散する可能性があるという。

   ツイッターには噴火時に阿蘇山周辺にいたと思われる人から報告が、写真とともに投稿されている。爆発音がしたというほか、

「はじめ白煙だけだったのが急に黒煙がモコモコっと」
「音は分からんかったけど、煙すごかったよ」

など、特に噴煙がすごかったという報告が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中