伊藤ハムと米久が統合、ハム・ソーセージ首位に 日経など報じる

印刷

   食肉加工2位の伊藤ハムと7位の米久が経営統合する方針だと、日本経済新聞などが2015年9月14日に報じた。ハム・ソーセージでは、日本ハムを抜いて首位になる見通しだ。

   報道によると、少子化などで市場が縮小する中で、海外にも進出できる商品開発力などを付けることが狙い。16年4月に共同の持ち株会社を設立し、2社を事業会社とする方向だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中