2018年 8月 19日 (日)

日本国債、中国や韓国より下位の「Aプラス」に1段階格下げ S&P

印刷

   米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、日本国債の格付けを、「AAマイナス」から「Aプラス」へと1段階引き下げたと、2015年9月16日に発表した。中期的な見通しは「安定的」とした。今回の格下げで、日本国債はアイルランドやイスラエルなどと同じ格付けとなり、景気の減速感が強まっている中国や韓国(いずれも、AAマイナス)よりも下位に位置付けられた。

   経済成長率の鈍化で2011年度から14年度のあいだに、日本の国民1人あたりの平均所得が減少したと指摘。「デフレ脱却や経済成長をめざした政府の経済政策が、国債の信用力の低下傾向を今後2~3年で好転させる可能性は低い」とし、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果が見込めないことを理由にあげた。さらに、先進国で最悪の水準にある財政赤字について、「信用指標における重大な弱み」と強調した。

   格付けは、借金の返済能力を判断したもので、S&Pが日本国債の格付けを下げるのは2011年1月以来、4年8か月ぶり。「Aプラス」は21段階あるS&Pの格付けのうち上から5番目。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中