キスすると皮膚アレルギーが減少 発見した大阪の医師にイグ・ノーベル医学賞

印刷

   ユーモアのある研究などに贈られるイグ・ノーベル賞の医学賞に、大阪府寝屋川市のクリニック院長の木俣肇さん(62)が選ばれ、2015年9月17日に米ハーバード大学で授賞式が行われた。

   木俣さんは、キスをすることによってアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応が減少する現象を発見したことが評価された。木俣さんは、都合で式には出られなかったが、「受賞は光栄だ」とするコメントを発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中