STAP細胞、133回の再現実験でも再現できず

印刷

   STAP細胞をめぐる研究不正問題で、米ハーバード大学など7つの研究グループは2015年9月24日、再現実験を133回行ってもSTAP細胞はできなかったとする報告を英ネーチャー誌に発表した。同誌に掲載されたSTAP論文は画像の切り貼りなどを理由に14年7月に撤回されている。

   ネイチャーには、STAP細胞はES細胞(胚性幹細胞)由来だったとする理化学研究所の報告も掲載されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中