2018年 9月 25日 (火)

「契約の自動更新知らない」「知らずにオプション加入」 通信契約めぐる相談、6割増

印刷

   総務省は2015年9月15日、2014年度に寄せられた電気通信サービスに関する利用者の苦情、相談が全部で1049件となり、前年度(644件)の1.6倍に増えたと発表した。

   苦情や相談は同省の電気通信消費者相談センター及び総合通信局等で受け付けられた。「契約期間が2年間という説明を受けたが、自動更新されるとは知らなかった」「2年経過した後もなぜ違約金を支払わなければならないのか」「違約金を支払わずに済む期間が1か月間というのはおかしい」「多くのオプションに加入したことになっている」など契約条件をめぐるものが多い。

   同省は、契約時に料金プランや割引条件、解約時の違約金といった契約条件を確認し、契約書のコピーなどの書類を保管しておくよう利用者に呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中