2018年 10月 23日 (火)

生鮮食品初の機能性表示食品にミカンともやし

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   消費者庁は2015年9月8日、JAみっかび(静岡県浜松市)の温州ミカン「三ケ日みかん」と、野菜栽培・販売を手掛けるサラダコスモ(岐阜県中津川市)の「大豆イソフラボン子大豆もやし」について、機能性表示食品の申請を受理した。今年4月に始まった機能性表示食品制度で、生鮮食品が受理されたのは今回が初めてとなる。

   機能性表示食品は、事業者側が健康増進に役立つ科学的根拠を消費者庁に届け出ることで、事業者の責任において具体的な機能性を商品に表示できる制度。今回の2件に関して消費者庁の届出情報によると、三ケ日みかんの機能性についてJAみっかびは、同品に含まれる「β-クリプトキサンチン」が骨の健康に役立つとしている。またサラダコスモは、製品中の「大豆イソフラボン」が骨の成分を維持する働きがあることから、こちらも骨の健康に役立つとなっている。

   複数の報道によると、三ケ日みかんは11月、大豆イソフラボン子大豆もやしは10月7日に、それぞれ販売がスタートする予定。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...