2020年 8月 15日 (土)

加山雄三が「ユーチューバー」界の若大将に!? 出足は不調も「あの得意技」で一発大逆転か

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   永遠の若大将こと加山雄三さん(78)が「YouTuber」になると宣言し動画をアップしたものの、再生数が全く伸びないため「切なすぎる」などと話題になっている。

   YouTuberとはYouTubeに動画をアップし視聴者の再生数によって広告収入を得る人を指すが、芸能界の大御所の加山さんがやるようなことではなく、このままでは収入が得られず赤字だ、との声があがる中、「逆転の切り札を持っている」と指摘する人もいる。それがテレビゲーム「バイオハザード」の実況なのだという。

  • 加山さんには再生回数アップの切り札が残されている?
    加山さんには再生回数アップの切り札が残されている?
  • 加山さんには再生回数アップの切り札が残されている?

ドローンの操縦に悪戦苦闘でドローン壊れる

   加山さんは2015年9月27日、

「加山雄三78歳。これからどんばってビデオをアップしていきます。 ユーチューブの前の皆さま、よろしくお願いします」

と宣言し、YouTubeに「どんばれ 加山雄Tuber」を開設した。自分は俳優、歌手、作曲家、造船技師など色んなことをやってきたが、新しい物が好きであり、分からないことがあるとどうしてもやりたくなる。それがYouTuberだと説明した。「どんぱれ」というのは頑張って行こうという意味で、頑張れよりも暖かい感じがある。この「どんぱれ」精神で色んなことにチャレンジしたい、とし、ドローンを使ってカップ麺「どん兵衛」の空撮にチャレンジした。しかしドローンの操縦に悪戦苦闘しドローンは壊れてしまい空撮はできず、

「悪い、すんません」

と頭を下げて最初のチャレンジ動画は終了した。再生数はと言うと15年9月30日14時頃までに挨拶の動画が約1100回、ドローンでのチャレンジ動画が約2000回だった。ネットでは再生数が少なすぎて切ないと騒ぎになった。というのも加山さんがYouTuberになると発表されたのは加山さんが出演する日清のカップ麺「どん兵衛」新CM発表会であり、新聞やテレビ、ネットなど多くのメディアで報じられていたにも関わらず、だからだ。世界で最も稼いでいるYouTuberの年収は7億円近いとされ、日本にも1億円プレイヤーが出ているという。その1億円プレイヤーの総登録者数は約610万人、動画再生回数の合計が25億500万回以上。契約者によって再生1回あたりに手にする額は違うようだが、だいたい動画再生回数に0.1円を掛けたものが報酬金額と言われている。このままでは加山さんはYouTuberとして大赤字になるのではないか、

「誰か加山雄三のYouTube見てやれよ」

と心配されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中