受信料徴収にマイナンバー活用の考え示す NHK・籾井会長

印刷

   2015年10月から通知が始まったマイナンバーについて、NHKの籾井勝人会長は、10月1日の定例会見で、受信料徴収に活用することを検討する考えを明らかにした。

   籾井会長は会見で、受信料の支払い率は7割強に留まっているとして、マイナンバーを「積極的に検討したい」と述べた。活用する理由として、転勤者やオートロック付きマンション居住者には連絡が取りづらいことを挙げている。

   この発言に対し、ネット上では、国営放送のようになってしまうなどの異論も出て、議論になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中