2019年 9月 23日 (月)

ラグビー外国人選手の「君が代」熱唱は特訓の成果だった 「国籍なんて関係ない」「胸熱!」「泣きそう」...

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ラグビーワールドカップ(W杯)で、強豪の南アフリカを破る歴史的快挙を成し遂げた日本代表。2015年10月3日にはサモアにも圧勝し、初の決勝トーナメント進出に向け、快進撃を続けている。

   日本代表には、ニュージーランド出身のリーチ・マイケル主将をはじめ、複数の海外出身選手がいる。インターネット上では、こうした選手たちが「君が代」を熱唱する姿に注目が集まっている。

  • 肩を組み「君が代」を斉唱する日本代表選手(写真:アフロ)
    肩を組み「君が代」を斉唱する日本代表選手(写真:アフロ)

日本代表31人中10人が外国出身者

「外国人選手も君が代を歌ってて胸熱!!国籍なんて関係ない」
「代表として敬意を払ってくれているんだなあと感動」
「外国出身の代表選手が君が代を歌ってる姿を見てもう泣きそう」
「色々な人種や出身国の選手が肩を組んで君が代歌ってるのいいよな~」

   サモア戦のあった10月3日、ツイッター上にはこうした声がいくつも寄せられた。

   日本代表選手になるために、国籍は必ずしも必要ではない。国際統括機関「ワールドラグビー」では、「本人が当該国生まれ」「両親か祖父母の1人が当該国生まれ」「本人が3年以上継続して当該国に住んでいる」という3条件のいずれかを満たせば、代表資格があるものと定めている。ただし、他国での代表歴がある場合はNGだ。

   日本代表では、選手31人のうち10人がニュージーランドやオーストラリアなどの海外出身者。うち5人は日本国籍を取得している。

   出身国はバラバラでも気持ちは一つだ。試合前の国歌斉唱では、肩を組んだ選手たちが揃って君が代を歌う。真剣な表情で口をしっかりと開けて歌う姿は、日本出身の選手も外国出身の選手も変わらない。

   しかも彼らは、ただ丸暗記して歌っているわけではない。主将のリーチ・マイケル選手は以前、産経新聞の取材に対して「試合の前の合宿中には、必ず全員で君が代の練習をします」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中