「新国立競技場は建設しない選択肢もある」 自民行革推進本部が報告書

印刷

   2020年東京五輪のメイン会場になる新国立競技場について、自民党行改推進本部は2015年10月6日、建設しない選択肢もあるとした中間報告書を公表した。

   河野太郎本部長がこの日に会見し、総工費は1550億円が上限だとしたうえで、「品質が落ちるなら、勇気を持って建てないという選択肢を持つべきだ」と述べた。新国立に代わる会場については、日産スタジアム(横浜市)などが候補に挙がるのではないかとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中