2019年 5月 24日 (金)

後継「ハイパーカミオカンデ」は事業費8倍の800億円! ノーベル賞受賞で予算がつくのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   梶田隆章・東京大宇宙線研究所長のノーベル物理学賞につながった観測装置「スーパーカミオカンデ」には、後継となる「ハイパーカミオカンデ」の建設が計画されている。

   既に、実現に向けて国際共同研究グループが2015年1月に発足しているが、問題は事業費。スーパーカミオカンデの8倍にあたる800億円もするのだ。

  • ハイパーカミオカンデは事業費800億円(画像は東京大サイトから)
    ハイパーカミオカンデは事業費800億円(画像は東京大サイトから)

100万トンの水タンクと10万個の光センサー

   2015年10月6日に発表された梶田教授のノーベル物理学賞受賞では、素粒子の一種であるニュートリノに重さがあることが初めて証明したことが評価された。このニュートリノ振動を観測したのが、岐阜県飛騨市にあるスーパーカミオカンデだ。

   スーパーカミオカンデは、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんが発案した「カミオカンデ」の後継機で、1996年に稼働した。5万トンの水を蓄えたタンクと壁に設置された光センサーからなる。タンクが3000トンだった初代から比べて桁違いに大きくなった。

   この2代目をさらに20倍の規模にしようと、同じ飛騨市内に建設が計画されているのが「ハイパーカミオカンデ」だ。100万トン級のタンクとその中に約10万個の光センサーが設置される。

   10月7日の「スッキリ!!」(日本テレビ系)に出演した中村健蔵・東大数物連携宇宙研究機構特任教授は

「現在のスーパーカミオカンデでは到達が難しい、次の世代のニュートリノを打ち出す、もっと強力な加速器が必要」

と、計画の意義を語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中