2019年 10月 16日 (水)

石田純一、番組やCMの降板なかった 安保反対スピーチの影響は出たのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   安保デモで壇上に立った俳優の石田純一さん(61)が、その影響でテレビ番組やCMを次々にキャンセルさせられたと取材に答えたと週刊新潮が報じた。ネット上では論議になっているが、どこまで本当のことなのか。

   安保法案が採決される前の2015年9月17日夜、石田純一さんは、国会前のデモに参加し、4分強のスピーチまで披露した。

  • スピーチの影響はなかった?
    スピーチの影響はなかった?

「番組3つ、CM1つを降板」と発言したと報じられる

   雨の中で傘も差さずにマイクを握りしめた石田さんは、日本は世界が誇る平和国家だとして、個別的自衛権でも守れるのになぜ集団的自衛権が必要なのか、アメリカには友達でもちゃんと言えなくてはおかしい、と持論をぶった。そして、戦時中は一般の人にも多くの犠牲者が出たことを強調し、「戦争は文化ではありません!」と叫んだ。

   以前に話題になった自らの発言「不倫は文化だ」にひっかけたものらしい。すると、「そうだ!」との掛け声が上がって、デモ隊から拍手が沸いた。このスピーチは各メディアでも報じられて、話題になった。

   ところが、週刊新潮の10月8日発売号によると、石田さんは、スピーチの影響が出たことを取材に告白した。「テレビ番組を3つキャンセルされました」「CMも1つなくなった」と答えたというのだ。そして、スポンサー2、3社から、広告代理店を通じて厳重注意を受けたともした。

   そのときは、二度と国会にデモに行くな、メディアの前で政治的発言をするな、と釘を刺されたという。しかし、石田さんは、世の中のためになることをと思ってデモに参加するなどしているとして、「それは受けられない」と拒否したことを明らかにした。

   デモで登壇したのは、デモへの参加をマスコミの記者に見つかって取材に応じたら、学生団体「SEALDs」のメンバーに引っ張り出されたからだという。

   新潮の記事が出ると、ネット上では、意見が分かれて論議になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中