2018年 7月 20日 (金)

【女の相談室】「女子の身だしなみ」デリケートゾーン脱毛を徹底調査

印刷

   海外の女性たちの間では「常識」とされているデリケートゾーンのヘアのケア。日本でも浸透し始めており、「VIO(ブイアイオー)脱毛」が女性の身だしなみになりつつあるようだ。

   「VIO? ブランデーのVSOPなら飲んでいるけどな」と怪訝な顔のお父さん、「V」は女性の下腹部の逆三角形部分、「I」は性器周辺、「O」は肛門周辺を指すのですゾ。30代の読者が多い女性誌「steady」(宝島社)が2014年9月号に載せた読者アンケートによると、回答者の55%がアンダーヘアを処理し、うちVを処理している人は90%、IとOは各50%だった。

  • 夏の水着も安心に!
    夏の水着も安心に!

雑菌が防げて清潔、夏も快適に過ごせる

   女性に支持者の多い産婦人科医の宋美玄さんも、2014年6月19日の朝日新聞のコラム「オンナの保健室」で、健康上もいいとVIO脱毛デビューを勧めている。

「私が英国の病院で働いていた時にも、大半の患者さんは処理していました。Vは見た目の問題なので、ビキニラインが気になるなら処理するといいでしょう。IとOは、処理すると雑菌などが防げて、快適に夏が過ごせるかもしれません。ケジラミという性感染症にならないメリットもあります」。
「処理の仕方はいくつかあり、カミソリで剃る方法、ワックス脱毛、そしてレーザー脱毛が一般的です。カミソリは簡便ですが、伸びてきた時、チクチクします。ワックスは生えてくるたびに脱毛しなくてはいけませんが、レーザー脱毛を完了すると、もう生えてこなくなります」。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中