2018年 10月 21日 (日)

間食はダイエットにむしろ効果的 「3時のおやつ」お勧めはコレだ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本では3度の食事をしっかり食べることが強調されて、おやつや間食はダイエットの天敵というイメージが強い。

   しかし、米国では適度なおやつは夕食までの空腹感を抑える、ダイエットには有効な食事と肯定的にとらえられ、効果的なおやつの食べ方が研究されている。

  • 高タンパクのおやつに効果あり
    高タンパクのおやつに効果あり

高タンパク質のおやつがドカ食い防ぐ

   米ミズーリ大学の研究チームは2015年5月20日、米国栄養学会誌「Journal of Nutrition」電子版に、摂取カロリーは同じでも、タンパク質を豊富に含むおやつを食べると、食欲に関する脳の活動が低下して夕食のドカ食いを防ぐ効果があるという研究を発表した。

   3大栄養素「タンパク質」「炭水化物」「脂質」のうち、肥満につながりやすいのは炭水化物と脂質だ。そこで、研究チームはタンパク質に着目、「高タンパク質食」のおやつを食べさせた場合、どのような効果が得られるかを検証した。

   食べ盛りの13~19歳の若者31人を、「430キロカロリーの高タンパク質のおやつ」「430キロカロリーの高脂肪のおやつ」「おやつなし」の3つのグループに分けて、3日間割り当てた。4日目には同じおやつのほかに、いつでも自由に食べられる夕食と夜食を用意して反応を評価。さらにおやつの前後の食欲を質問票で調べ、脳活動をMRI(磁気共鳴画像化装置)で検査した。

   その結果、高タンパクのおやつを食べたグループは、高脂肪のおやつを食べたグループより満腹感が高く、その後の夕食では食欲が抑えられて低脂肪の食事をとる傾向が強かった。また不健康な夜食を控えた者も多かったという。

   ちなみに実験で使われた「高タンパクのおやつ」とは「大豆スナック」。明日から3時のおやつに大豆スナックを試してみては。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...