2018年 8月 18日 (土)

間食はダイエットにむしろ効果的 「3時のおやつ」お勧めはコレだ

印刷

   日本では3度の食事をしっかり食べることが強調されて、おやつや間食はダイエットの天敵というイメージが強い。

   しかし、米国では適度なおやつは夕食までの空腹感を抑える、ダイエットには有効な食事と肯定的にとらえられ、効果的なおやつの食べ方が研究されている。

  • 高タンパクのおやつに効果あり
    高タンパクのおやつに効果あり

高タンパク質のおやつがドカ食い防ぐ

   米ミズーリ大学の研究チームは2015年5月20日、米国栄養学会誌「Journal of Nutrition」電子版に、摂取カロリーは同じでも、タンパク質を豊富に含むおやつを食べると、食欲に関する脳の活動が低下して夕食のドカ食いを防ぐ効果があるという研究を発表した。

   3大栄養素「タンパク質」「炭水化物」「脂質」のうち、肥満につながりやすいのは炭水化物と脂質だ。そこで、研究チームはタンパク質に着目、「高タンパク質食」のおやつを食べさせた場合、どのような効果が得られるかを検証した。

   食べ盛りの13~19歳の若者31人を、「430キロカロリーの高タンパク質のおやつ」「430キロカロリーの高脂肪のおやつ」「おやつなし」の3つのグループに分けて、3日間割り当てた。4日目には同じおやつのほかに、いつでも自由に食べられる夕食と夜食を用意して反応を評価。さらにおやつの前後の食欲を質問票で調べ、脳活動をMRI(磁気共鳴画像化装置)で検査した。

   その結果、高タンパクのおやつを食べたグループは、高脂肪のおやつを食べたグループより満腹感が高く、その後の夕食では食欲が抑えられて低脂肪の食事をとる傾向が強かった。また不健康な夜食を控えた者も多かったという。

   ちなみに実験で使われた「高タンパクのおやつ」とは「大豆スナック」。明日から3時のおやつに大豆スナックを試してみては。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中